Vintage Map Transparency_edited_edited_e

Relate

医療の現場で外国の患者さんと通じ合い、文化や言語の壁を乗り越えて寄り添える。

繋がる

Enhance

世界の医療従事者・研究者とのネットワークを拡げ、自分の可能性を最大限に、日本の医療の発展に活かす。

​拡がる

Challenge

英語での医学コミュニケーション、専門用語などのハイレベルな習得に挑戦する。

挑戦する

Accomplish

習得した英語を医療現場で応用し、必要な情報を見極め、正しく理解する。

実現する

目指そう!CAREのできる国際的な医療人

国際教育研究センターではCAREのできる国際的な人材を育成するため、医学科、看護学科において英語および外国語教育を行っています。医学科大学院では国際発信に向けてより専門的な講義を行っています。

医学英語教育

医学科1年から4年までEnglish for Medical Purposes (EMP) 教育を実施しています。1、2年では専門用語や基本的な表現の基礎知識を身につけ、3年以降は医療人としての礎となる本学の医学教育カリキュラムと日々進化する医療現場に則して、応用的かつ実践的な医学英語教育を実施しています。授業はほぼ英語でおこなわれます。また、5年生では海外臨床実習のための英語学習なども行っています。

看護英語教育

外国人患者が増える中、英語でのコミュニケーションがますます重要となってきます。

医療現場で外国人患者のケアを提供するのに必要な英語の専門用語や言い回し、看護ケアに必要な日常生活用語などを学びます。情報収集に必要な英語の論文の読解力を身につけます。

大学院

①医学英語論文作成法の習得、②英語の口頭発表方法の習得、③医学分野でのアカデミックキャリア構築の方法の習得、の3つを学習目標としています。講義では、論文執筆方法の理解を深め、論文執筆の際にみられる間違いや、論文がアクセプトされるためのポイント、出版倫理教育、国際学会でポスターや口頭発表の際の注意点等を扱い、大学院生がアカデミックキャリアを積む上で必要な教育を行っています。